スライサー活用のメリット

なんといっても、スライサーを活用することで得られるメリットは、

1.切りたての生ハムが提供できる
2.原価が圧倒的に安くなる

の2点でしょう。

1についてはご説明するまでもありませんが、やはり切りたての生ハムは、香りや味わいが
まったく違います。シンプルながらも華やかで、お客様にアピールできるメニューに変身します。

2については、右の表をご覧ください。

右記の表の通り、スライスパックでの購入を 「原木購入+スライサー利用」にするだけで、
約40%の原価削減となります。

例えば、月間10圓離好薀ぅ好僖奪をご使用の場合、原木購入+5万円程度のスライサーへ
切り替えることで、▲約3万円/月となります。(※スライサーの詳細説明は次項目をご参照下さい) よって、1ヶ月半でスライサーの減価償却できる(元が取れる)計算となります。
つまり導入後1ヶ月半経過後は、毎月約3万円のコストが削減されるということです。

スライスする作業は発生しますが、導入しない理由はないと思いませんか?

 

原価59%に!

スライサーの選択について

スライサーは大きく分けて

・ 業務用電動スライサー
・ アンティークスライサー

に分けられます。

結論から申し上げますと、まずは手頃な業務用電動スライサーを導入することをお薦めします。
もちろん上を見ればキリがありませんが、4〜5万程度でも十分プロユースに耐える小型のものが
インターネットで入手できます。サイズも縦50cm、横40cm程度です。
やや重い(18kg)ですが、使い勝手も最高です。

当社では2年近く使用しておりますが、性能としては十分です。
メンテナンスも簡単です。実は一度刃を錆びつかせてしまいましたが、2千円程度で替え刃を
購入することが出来ました。

アンティークスライサーについては、どうしても価格が高くなりますが、店内に置いたときの存在感はもちろん、一気に本格的な雰囲気が出ます。お店の大きな魅力となるでしょう。

また、アンティークでスライスした生ハムは、電動とは異なりスライス面の温度が上がらない為、
風味や舌触りも更に格別なものになります。

当社に在庫はありませんが、イタリアから直輸入することが可能です。ご相談ください。

 

業務用電動スライサー

アンティークスライサー